« PC-BSD 8.0での内蔵無線LANの利用 | トップページ | Portjail »

2010/03/10

PC-BSD 8.0での日本語入力

無線LANも使えるようになってネットワークにつながったところで日本語入力の設定に移りましょう.portsとか関連ファイルとかがどこにあるかよくわからないので,まずはlocateを使って色々探してみることにします.そのためにはまず最初にlocateのデータベースを作成しなければいけないため,suしてrootになってから

% /usr/libexec/locate.updatedb

を実行します.入力後はしばらく時間がかかるので放置しましょう.

さてデータベースができたところで

% locate anthy

としてanthy関連のファイルやportsを探します.んんん?/var/db/pkg以下にja-anthyとかja-ibus-anthyとかが入っていますね.ということはanthyはすでにインストールされているようだし,ibusってのはIMみたいだしなぁ,と考え込んだところでCTRL+Spaceを入力してみるとあっさりと日本語入力ができてしまったのでした(汗

それはともかくとしてCTRL+Spaceではemacsを使うときに不便なので,これは変えておかなければいけません.メニューのアプリケーションから設定を選択します.
7

設定を選択するとIBusの設定があるのがわかります.
8

切り替えのキーボードショートカットを変更しましょう.
9

ということで実は特に設定しなくても日本語入力が使えるよというお話でした.

« PC-BSD 8.0での内蔵無線LANの利用 | トップページ | Portjail »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92435/47776178

この記事へのトラックバック一覧です: PC-BSD 8.0での日本語入力:

« PC-BSD 8.0での内蔵無線LANの利用 | トップページ | Portjail »

External Services